« 駿河湾沿岸部の課題 ①久能西平松地区 | トップページ | 地方議会のしくみ »

2011年11月29日 (火)

国に対する提案・要望事項の説明会…静岡市

Dscn5645_20

今日は、田辺信宏市長の声掛けで、

市内出身県議が参加した、

『静岡市の国に対する提案・要望事項の説明会』が開催された。

市内選出県議のうち8名が出席し、

市当局からは、市長をはじめ、剣持議長、井上副議長、

経営管理局、財政局の方々が参加。

田辺市政が始まって、6月に続いて今日で二回目。

90分の会議時間は、前半30分程が説明で、

後は自由な意見交換の場となる。

内容は14項目と多岐に亘り、

道路、港湾、日本平、新エネルギー、南アルプス、治山治水などについて、

市が国の同意を持って進める事業の提案や、

国の補助金を申請する内容となっており、

私にとっても、特に道路や治水については、

市議会議員時代から関わってきた事項もある。

私たち県議にもこうして説明の場を用意していただいたことは、

本当に貴重な取り組みで、なぜなら、

要望の中には、県と歩調を合わせて、

等しく国に要望しなくてはならない事柄も多いからだ。

さて、折しも9月の定例県議会で、

グランシップの活用と経営改善を通じて、

本県、本市への国際的なコンベンションの誘致を提案、

質問を行ったところであったが、

今回、特に目玉となる、画期的な政策提案が市から示された。

既にプロジェクトとして準備も進んでいるようであるが、

日本平への『第24回国連軍縮会議』誘致である。

参加規模は概ね100名前後と、それほど大規模な会議ではないが、

実現すれば、本市初の本格的な国際会議となる。

今後地方都市が、観光やコンベンションによる人集めで、

都市の活性化を図るなら、

こうした誘致は、市民、県民にとっても、

おもてなしの貴重な練習の場ともなるし、

言語体制や来客者の消費動向、観光趣向など、

貴重なサンプルが手に入る。

是非とも実現に向け私たち県議団も協力していきたいところだ。

今後、正式にこれが決まる見通しが立つなかで、

今後は、警備の問題、アフターコンベンションのあり方についても、

いずれにしても県政がサポートすべき事項はたくさん出てくるはず。

丁寧に情報を収集しながら、

本市観光や誘客の現場で汗を流す、

あらゆる事業者や団体の方々とも、

協力してこの動きを迎え、市政への協力をしたいと思う。

Dscn5644

|

« 駿河湾沿岸部の課題 ①久能西平松地区 | トップページ | 地方議会のしくみ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国に対する提案・要望事項の説明会…静岡市:

« 駿河湾沿岸部の課題 ①久能西平松地区 | トップページ | 地方議会のしくみ »