« 2011年12月 | トップページ

2012年1月

2012年1月18日 (水)

避難可能な人数、町は気が付いているか?

震災以来、今なお防災対策のニュースや、

被災地の現場からの情報が伝えられている。

一方で自分たちの街の防災への意識も、

上がっているのは確かに感じているが、

それは正しい前提に立った根拠ある防災対策へと、

本当に繋がっているだろうか?

先日、Facebookに、私が新たに取り組み始めた試みに、

予想以上の反響をいただいたので、

このBLOGでも紹介することとした。

結論から言えば、

静岡市駿河区の沿岸部の住民人口に対して、

津波を回避できる場所は足りない。

人一人が避難すると、避難所の1㎡/一人が必要となる。

東名以南の沿岸部人口は約5万人。

東西両端には背後に山を抱えているため、

山へのルートを確保すれば全人口の避難に足りるが、

駿河区のほとんどは、土地は細分化されており、

そこには津波から身を逃がせる程の高い建造物は、

事実上、法律上、建設不可能なのだ。

私の見たところ、最低少なくとも必要となる5万㎡に対して、

恐らく2~3割程度しか高い場所はない。

にもかかわらず、行政も報道も、

大きく揺れたら5分で逃げろ、と駆り立てる。

憤りを抱えながら、普通なら気が付くはず。

『どこに?』

この現状をまず、誰が見てもわかる地図に落とし込む。

もちろん、行政も沿岸部の高台を新たに避難所指定したり、

タワー建設に取り組んだりしているが、

指定した半径300メートル程度以内でなければ、

住民はそこへ辿りつけないことになる。

今回の取り組みは、

議員が支給されている政務調査費を利用して、

専門業者へ、こうした情報を整理、地図への落とし込みを委託、

公開しようという試みだ。

基礎情報としては、

行政が発表している被害想定をもとに、

これに該当する地区の高台面積と人口とを比較、

道路の幅員等を網羅して、

誰がどこの高台へ逃げるのが一番近いのか、

誰が見てもわかるような地図を作製する。

完成は2月末を目標に。

各自治会や自主防災、消防団の方々に配布して、

それぞれの今後の防災対策に活路を見出してほしいと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 7日 (土)

FaceBookで懐かしく嬉しい再会

FaveBookを始めてそろそろ1か月。

PCの操作もインターネットを活用するのも、

こうしてBlogを続けるのも、

テレビで予約録画をするのも、

あまり得意ではない私が、最近は少しFBにはまっています。

そのおかげか、元旦に嬉しい再会がありました。

私は九州の大分県で生まれて、

小学校卒業間近にこの静岡にやってきたのですが、

メッセージを送ってくださったのは、

小学校4年生当時の担任の先生。

180㎝を超える長身と草刈正雄さん似の先生の面影は、

今でもはっきりと覚えています。

学校が終わるの帰りの会で、

今では懐メロで名曲になってるような、

小学生には少し大人びた流行歌をみんなで歌い、

ドッジボールでは先生の早いボールを取れるかどうかが、

子供たちの一番大きな関心事で、

理科の授業では神社の境内に行って、

カブトムシの幼虫を探していました。

先生という職業がいつも子供たちのすぐ傍にいてくれた時代です。

当時、先生が直してくれたお箸の持ち方も、

靴のかかとを踏むなということも、

忘れ物をするなということも、

38歳の大人になった今でも、

色んな意味合いを持って教訓になっていると思います。

と言っても、携帯電話をいつもどこかに見失ってしまうので、

未だに守れていないことも多いのですが・・・。

私はやんちゃないたずら坊主だったので、

先生には、毎日のようにひっぱたかれていましたが、

今では本当にいい思い出です。

そして、強い男の子にしてくれたと思えるのです。

あれから30年が過ぎて、

教師への社会的な風当たりが強くなりました。

教育の現場には、

教員の心の問題から、保護者への対応、

評価制度の導入で増していく事務量など、

負担も課題もたくさんあります。

しかし、子供にとっての先生はやっぱりお手本です。

何年もたって、例え当時の先生の年齢を自分が追い抜いてしまっても、

先生の言うことは絶対で、

その教えはずっと残っていきます。

そう思っていられる方がきっと子供たちも幸せ。

今の子供たちも、

私が過ごせたような、

そんな先生に出会ってくれることを、

本当に願っています。

今度、九州に行ったら、迷わず先生に会いに行こうと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月 5日 (木)

自分の目標を明確にする、意識する

一昨年の暮れに100個の目標を書き出した。

雑誌で向井千秋さんの記事を読んだからだ。

一年経って今年の元旦に振り返ってみると、

達成したものが27、手をつけて進めているものが61、

残りはまだまだ遠い夢というところだ。

様々な啓発本を書店やコンビニで目にするが、

大切なのは、目標を思いつくことではない。

毎日の暮らしの中で、時々ちゃんと思い出して、

その手応えを確認すること。

手帳の使い方も日々の業務報告も、

そして私たち議員の定期的な活動報告も、

こうした目標管理の大切なツール。

例年のように、おめでとう、と言う言葉で始めるには、

昨年の災害はあまりにも痛ましく、

私たちの街にも課題は残されたままだ。

自分の目標と仕事のなかに、

街の課題を丁寧に盛り込んで、

その進み具合を確かめながら過ごす一年にしたい。

雑務に意識を奪われず、意義ある仕事をこなす。

仕事の成果を評価する。

それが大事。

本年も、皆さんからのご意見をお待ちしています。

そして、幸多き一年となることを祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ