« FaceBookで懐かしく嬉しい再会 | トップページ

2012年1月18日 (水)

避難可能な人数、町は気が付いているか?

震災以来、今なお防災対策のニュースや、

被災地の現場からの情報が伝えられている。

一方で自分たちの街の防災への意識も、

上がっているのは確かに感じているが、

それは正しい前提に立った根拠ある防災対策へと、

本当に繋がっているだろうか?

先日、Facebookに、私が新たに取り組み始めた試みに、

予想以上の反響をいただいたので、

このBLOGでも紹介することとした。

結論から言えば、

静岡市駿河区の沿岸部の住民人口に対して、

津波を回避できる場所は足りない。

人一人が避難すると、避難所の1㎡/一人が必要となる。

東名以南の沿岸部人口は約5万人。

東西両端には背後に山を抱えているため、

山へのルートを確保すれば全人口の避難に足りるが、

駿河区のほとんどは、土地は細分化されており、

そこには津波から身を逃がせる程の高い建造物は、

事実上、法律上、建設不可能なのだ。

私の見たところ、最低少なくとも必要となる5万㎡に対して、

恐らく2~3割程度しか高い場所はない。

にもかかわらず、行政も報道も、

大きく揺れたら5分で逃げろ、と駆り立てる。

憤りを抱えながら、普通なら気が付くはず。

『どこに?』

この現状をまず、誰が見てもわかる地図に落とし込む。

もちろん、行政も沿岸部の高台を新たに避難所指定したり、

タワー建設に取り組んだりしているが、

指定した半径300メートル程度以内でなければ、

住民はそこへ辿りつけないことになる。

今回の取り組みは、

議員が支給されている政務調査費を利用して、

専門業者へ、こうした情報を整理、地図への落とし込みを委託、

公開しようという試みだ。

基礎情報としては、

行政が発表している被害想定をもとに、

これに該当する地区の高台面積と人口とを比較、

道路の幅員等を網羅して、

誰がどこの高台へ逃げるのが一番近いのか、

誰が見てもわかるような地図を作製する。

完成は2月末を目標に。

各自治会や自主防災、消防団の方々に配布して、

それぞれの今後の防災対策に活路を見出してほしいと思っている。

|

« FaceBookで懐かしく嬉しい再会 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 避難可能な人数、町は気が付いているか?:

« FaceBookで懐かしく嬉しい再会 | トップページ